お中元のことなら

お中元 2018 時期

2018年。今年もお中元の季節がやってきました。 お中元を贈る時期はいつなのか?意外と悩むテーマです。 これには理由があります。 それは・・・・ 地域によってお中元の時期が違うからです! まとめてみましょう。

お中元の意味

 そもそも「お中元」とはいかなる意味なのでしょうか。 「中元」という名前からわかるように、「上元」「下元」もあります。 これは中国の道教の考え方です。上元は旧暦1月15日、中元は旧暦7月15日、下元は旧暦10月15日になります。 これが日本に伝わったときに、中元の7月15日は仏教の盂蘭盆と重なって一体化します。 祖先を供養するお盆という習慣と、お世話になっている人に贈り物をする、という「お中元」の習慣は同じルーツがあるんですね。 ここからわかることは、「お中元」は旧暦の7月15日だということです。 そしてだから地域によってお中元の時期が違ってきてしまう、ということなのです。 スポンサーリンク

お中元はいつ?

旧暦7月15日がお通元というのはわかりました。では「旧暦7月15日」は現在の歴だといつになるのでしょうか? 実は新暦に直すと決まった日にちにはならないのです。毎年微妙に日にちにずれが生じます。 おおよそですが、旧暦7月15日は現在の8月15日から9月上旬になります。 これが全国でお中元の時期が違ってくる理由なのです。

お中元時期の地域的な違い

お中元時期の違いは大きく分けて2種類です。 @7月1日から7月15日頃    これは旧暦の日付をそのまま現在に歴に当てはめるタイプです。 地域的には  東北  関東  北陸都市部   等です。 意外と少ないですね。 A7月15日から8月15日  この地域は  北海道 北陸 東海 関西 近畿 中国 四国 です。一番多い日程です。 B8月初旬から8月15日  九州 全体的に旧暦の時期よりも早い時期になっていますが、これは年々お中元の時期が早まってきているからです。 百貨店などの早割の影響などがあるのかもしれません。最近は夏になるのが早いことの関係しているのかもしれません。 地域的にいつ送ればいいのか悩む場合は 7月15日 を目安にすれば九州以外は問題なく送ることができます。

関連ページ

お中元の由来
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元を贈る時期は?
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元 相場 上司、取引先、両親など
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元 何を贈ったらいいか
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元のマナー^
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。

スポンサーリンク

人気の記事


 
トップ お中元 豆知識 百貨店のお中元 おすすめ お中元