お中元のことなら

お中元のマナー

お中元を贈るときのマナーです。

 

 

お中元の挨拶

 

 

 

 

品と共に添える場合と先にはがきを送る場合があります。

 

 

 

品物に添える場合は、相手に合わせて、健康に過ごしている様子や会社の経営が順調な様子など明るい話題を添え日ごろの感謝の気持ちを伝えます。

 

 

 

 

はがきを送る場合は、それにプラスして品物を別便で送った旨を伝えます。

 

はがきは品物がついてからでは遅いので、品物が届く2、3日前に知らせるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

品物にはお中元とわかるようにのしをつけます。

 

 

 

 

 

 

 

7月15日を過ぎた場合立秋までは「暑中お見舞い」「暑中お伺い」

 

 

さらにそれを過ぎて9月までは「残暑お見舞い」「残暑お伺い」となります。

 

 

関連ページ

お中元 2018 時期
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元の由来
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元を贈る時期は?
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元 相場 上司、取引先、両親など
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。
お中元 何を贈ったらいいか
お中元の由来、時期、マナー、何を贈るか等、お中元について総合的に解説します。

スポンサーリンク

人気の記事


 
トップ お中元 豆知識 百貨店のお中元 おすすめ お中元